welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

寝不足で吐き気が!さらに腹痛がある場合はどうすれば!?

   

寝不足で吐き気が!さらに腹痛がある場合はどうすれば!?

寝不足によって起こる症状として、

吐き気や腹痛を挙げることが出来ます。

それらはよくある症状なのかと原因と予防について紹介します。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

寝不足で吐き気と腹痛がありますが良くあることですか?

寝不足の時に吐き気や腹痛といった症状が出るのは比較的よくあることだと言えます。

その理由として寝不足の状態では脳や体はしっかりと休むことが出来ていない状態なので寝不足の時に吐き気や腹痛、人によっては頭痛、動機、寒気、貧血、疲れが取れないといった様々な症状が出てきます。

つまり体や脳が休眠を求めているサインでもあり、またしっかり睡眠が取れていない場合は免疫機能が低下してしまうのでこれらの症状が起こりやすくなると言えます。

その中でも特に吐き気というのは寝不足の時に出やすいサインだと言うことが出来ます。

またしっかり睡眠をとっているつもりでも吐き気や腹痛が出るといった場合は睡眠の質に問題があるケースがあるので睡眠について見直す必要があります。

睡眠時間が明らかに足りていないと自覚がある場合はそれだけ心身共に負担がかかっているので体の声に耳を傾けるようにして下さい。

吐き気や腹痛は特に寝起きなどに出やすい症状なので寝不足の場合は気をつけるようにしましょう。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

寝不足で吐き気と腹痛があるのですが何かの病気ですか?

寝不足の場合に吐き気や腹痛が起こるのは比較的よくある症状なのですぐに病気と結びつけて考える必要はないと言えます。

寝不足が原因で脳と体がきちんと休むことが出来ずに疲労回復が出来ていない状態なのです。

なので通常は寝不足を解消することとが出来れば、吐き気と腹痛といった症状も自然に治まると言うことが出来ます。

ただ寝不足が続き吐き気や腹痛の症状が改善されない場合は注意が必用です。

寝不足をあまり軽く考えてはいけません。

その訳は寝不足が続くことで様々な病気のリスクが高まるからです。

寝不足が原因となって発症するリスクが高まる病気としては高血圧、糖尿病、肥満、ガンといった生活習慣病などを挙げることが出来ます。

また寝不足により免疫機能が低下するので風邪などを引きやすくなりますし、体力も低下してしまいます。

さらにストレスも溜まってしまうのでストレスが原因の病気を発症する恐れがあります。

つまり寝不足による吐き気や腹痛は体からのSOSと受け止めて下さい。

寝不足で吐き気と腹痛があるのですがどうしたらよくなる?

寝不足によって吐き気や腹痛が起こるのは体の免疫機能が低下している事と各機能が低下していることで胃腸も弱くなっているからだと言えます。

なのそんな症状が出ている場合はコーヒーや紅茶といったカフェインを含む飲料やアルコール、炭酸飲料水、辛い食品などの刺激物は避けるようにしましょう。

胃腸に優しい白湯や食事の時には消化がいいうどんやお粥といったモノを選ぶようにして下さい。

外食などの際には雑炊やリゾットといったモノを選ぶといいでしょう。

さらに短時間でもいいので仮寝をすることで症状は緩和される場合があります。

仮寝をする場合は20分以上仮眠を取らないことと横にならない事がポイントです。

その理由は20分以上仮眠を取ると脳や体が入眠状態となるので起きた時に逆に疲労感が増してしまいます。

座ったままの体勢で少しだけ脳を休ませてやることで吐き気や腹痛の症状は改善されます。

それでも改善されない場合は薬や漢方などに頼るのも手ですが特に薬は副作用があるのであまり常用しない方がいいと言えます。

この記事の続きを読む

次のページ>>  寝不足で吐き気があるのは精神的なもの?

 - お腹の症状