welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

妊娠超初期で腰痛!右側が痛いのはなぜ?

   

妊娠超初期で腰痛!右側が痛いのはなぜ?

妊娠超初期にはさまざまな体の不調が現れます。

このような症状の一つとして体の右側のみの腰痛が現れる場合があります。

今回の記事ではそのような体の右側だけの腰痛が発生する理由について書いていきます。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

妊娠超初期ですが腰痛特に右側が痛いです

妊娠超初期において腰痛が発生するという現象はよく知られている現象になります。

大量のホルモンが排出される、子宮が大きくなることにより体のバランスが崩れるなどの要因が腰痛を引き起こしていきます。

このような妊娠超初期に発生する腰痛については後の文章で触れていきます。

ただ、このような妊娠超初期に発生する腰痛に関してはあくまでも腰の全体が痛むようないわゆる一般的な普通の腰痛になります。

このような腰痛が腰の右側だけに集中して発生するといったような症状が現れた場合は特別な注意が必要になってきます。

このような妊娠超初期に発生する腰痛で右側の腰のみに腰痛がある場合には「水腎症」という腎臓の病気の兆候である可能性があります。

したがって、右側のみに腰痛が表れているという場合には注意が必要になってきます。

あなたが腰痛だと思っている症状が実際には腎臓がはれ上がってしまい、その異常を体が訴えている症状であるかもしれません。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

妊娠超初期に右側の腰痛に悩むことは良くあることですか?

この妊娠超初期に右側の腰痛が発生する水腎症という病気についてですが、妊婦が悩む症状としてはよく知られたものになります。

この水腎臓は妊娠中記から妊娠後期にかけて発症することが多い病気として有名ですが、妊娠超初期に発生してもおかしいことはありません。

この水腎症かどうかというのは病院を受診して実際にエコー検査を受けることにより、その兆候をつかむことが可能になってきます。

この水腎症という症状は腎臓の出口に尿がたまることにより腎臓がはれ上がってしまうという病気になります。

では、なぜ妊婦はこの水腎症という病気にかかることが多いのでしょうか。

この水腎症という病気に妊婦がかかりやすい理由としては妊娠中に子宮が大きくなるため、その大きくなった子宮が尿管を圧迫することにつながっていき、結果として十分に尿を排出することが出来なくなってしまうためです。

そうして排出されなかった尿が腎臓にたまってしまうことにより、腎臓がはれ上がってしまうという症状につながってしまいます。

妊娠超初期で感じる右側の腰痛は胎児に影響ありますか?

この水腎症で発生する右側の腰痛に関しては基本的には胎児に影響はありません。

基本的にはあなたが耐えていく症状になります。

あまりに症状がひどい場合には医師から痛み止めが処方されます。

この痛み止めを飲みながら、ひたすら出産まではこの水腎症の症状に耐えていくことになります。

ただ、どうしてもこの水腎症の痛みに耐えることが出来ない場合にあh尿管ステントというものを尿管に配置して尿管の圧迫を解くという方法があります。

ただ、この尿管ステントを配置する場合にはレントゲンを使用する必要性が出てきます。

ここでレントゲンを使用することにより、胎児が被ばくするという可能性があります。

したがって、この尿管ステントを配置するという方法はあまり推奨される方法ではありません。

胎児への影響を避けることを考えるのであれば、やはり出産までの間は痛み止めを飲んで痛みに耐えながら水腎症の症状を耐え忍んでいくことが必要になっていきます。

この記事の続きを読む

次のページ>>  妊娠超初期での腰痛はどうして?

 - 腰の症状