welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

女性の腹水の原因は何かの病気なの?症状は?

   

女性の腹水の原因は何かの病気なの?症状は?

お腹の張りには腹水が原因のものもあります。

腹水というのは一体どういうものなのでしょうか。

今回は女性に腹水が溜まる場合を中心に見ていきましょう。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

女性の腹水の原因は何の病気?

腹水が溜まる原因には様々な病気が考えられます。

例えばアルコール性の肝硬変や、アルコール性の肝炎といったものがあります。

大量のアルコールによって肝臓の処理能力が異変してしまうのです。

こうなると血液が体液を保てなくなったり、体液に関するホルモンが正常に働く無くなるために腹水が溜まってしまいます。

といっても正常時には腹水が一切無いかというとそういうわけではありません。

普通、私たちの体の中には常に30ml程の腹水が貯水されています。

この腹水は体の中で常に製造と吸収を繰り返しているのですが、製造量が多かったり吸収量が少ない場合に溜まってしまうのです。

アルコールが原因の病気以外にも腹水は溜まります。

慢性肝炎や心不全、腎不全といった病気も考えられます。

人体は水分を調節しながら生きているため、その調節機能が狂う病気というのは多岐に渡るのです。

男性女性問わず現れる症状なので、お腹に張りが出てきたら腹水の可能性もあります。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

女性の腹水の原因の大半は婦人科系の病気?

婦人科系の病気で腹水の症状が現れるものはたくさん考えられます。

腹水と言うのはお腹の中に水が溜まる症状です。

女性特有の機関である子宮や卵巣と言ったところにももちろん水分は多量に含まれています。

そのため、腹水は婦人科系の病気とも考えられます。

ですが、その多くが婦人科系の病気というわけではありません。

ストレスなどの原因により臓器に穴が開けば腹水は溜まります。

また、アルコールにより肝機能が低下しても溜まるのです。

そのため、自身の生活習慣や環境も多く作用しているのです。

腹水を併発する女性特有の婦人科系の病気として怖いものとして挙げられるのは卵巣がんです。

卵巣がんにかかると高い確率で腹水が溜まるようになります。

がんの進行度に寄らず腹水が溜まりますが、進行性の早いがんもあるので油断は禁物です。

また、子宮がんの際に腹水が溜まっている腹膜へとがんが転移することで腹水を引き起こすことがあります。

いずれにしてもがんの場合は早期発見が重要になるので女性の方は特に腹水に気をつけて下さい。

女性は腹水がたまりやすい?その原因は?

女性は腹水が溜まりやすいといわれることがあります。

その原因は恐らく男性と比較すると身体的な能力に差があることに由来すると思われます。

例えば女性の場合、男性の約3分の2の飲酒量で肝硬変になる可能性が高いとされています。

男性が100のお酒を飲むときに女性は66のお酒を飲むと危険な状態になるのです。

こうした臓器の強度という観点から見ると女性に腹水が溜まりやすいと言えます。

基本的に腹水と言うのは臓器の水分代謝における異常な状態です。

そのため、臓器が弱ければその分、腹水になる可能性は高まります。

男性は動物のオスとして体が強く、古来では狩をしたり外で活動できるような体として進化を続けてきました。

また、女性は動物のメスとして育児や子育てといったものに適した丸みを帯びた体系をするようになったのです。

こうした性差というのは病気の原因と関連の深いものです。

もしかしたら女性の体が男性と比較すると弱いために、腹水が溜まりやすいと言われるようになったのかもしれません。

この記事の続きを読む

次のページ>>  腹水が溜まる原因は?

 - 女性の症状