welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

卵巣の腫れが6センチある場合は何か病気?

   

卵巣の腫れが6センチある場合は何か病気?

卵巣の腫れ6センチは、自然になっているわけではなく、病気のことが多いです。

何の病気か診断するためには、血液検査、MRIなどをします。

場合によっては手術をして、切除します。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

卵巣の腫れが6センチある場合は何か病気?

卵巣の大きさはあまり知られてないかもしれませんが、通常時は人のこぶしより少し小さいくらいです。

それが排卵の時期になると、1つの卵胞が育ち2センチくらいになったとい排卵しますので、一時的には大きくなりますが6センチになることはごくまれです。

もし卵胞がたくさんできる場合も、多嚢胞性卵巣症候群という別の病気があります。

6センチくらいの大きさになるとまず疑われるのが、卵巣嚢腫といって、卵巣に腫瘍ができることです。

また6センチになると手術範囲内ですが、特別な理由がない限り切除を進められます。

卵巣嚢腫がガンなのかどうかは、血液検査で判断します。

またチョコレート嚢胞といって、原因がわかっていない何らかのきっかけで生理の血が卵巣に溜まる病気もあって、こちらの病気も大きくなるようなら手術の適用の範囲内となります。

辛いですが卵巣は2つありますので、もう一つの卵巣が機能して妊娠は可能です。

腫瘍が小さければ手術をしないで経過観察や投薬をすることもあります。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

卵巣の腫れが6センチある場合注意することは?

卵巣の腫れが6センチあってそのまま放置すると、それ以上腫れることで破裂することがあり、その時に激痛が襲います。

また卵巣がねじれることもあり、その時も激痛が走ります。

また、大きくなることで、他の部位と癒着することもあり、子宮や腸などに癒着して性交痛や排便痛に襲われることもあります。

卵巣嚢腫は大きさが小さければ、いきなり手術の対象になることはありません。

定期健診で良いときもあります。

ですがあまりにも大きいとすぐに手術の対象になることもあります。

ですから、大きくなる前に自分で発見することも大切です。

投薬などで手術をしなくても良い状態になることもあります。

子宮頸がんは毎年検査を勧められていることは有名ですが、もし心配な場合は卵巣のエコーの検査を追加してもらえると良いです。

定期的な健診は、大きさが大きくなる前に気づいて、いきなり手術と言うことを防ぐことが出来るかもしれません。

しかしながら、急激に腫れが大きくなることもあります。

卵巣の腫れが6センチ以上の場合は?

卵巣の腫れが6センチあるのは、単なる自然の状態ではなく、病気の場合が多いです。

卵巣の通常時は人のこぶしよりも少し小さいくらいです。

それが6センチに腫れるのです。

しかしながら、卵巣は沈黙の臓器と言われるので、たとえ6センチ以上腫れていても自覚症状がなく気づかない場合があります。

卵巣は卵管からつながって、風船みたいに浮いている状態で、体内に臓器として存在するのです。

ですから、人の体形にもよりますが、他の部位に癒着することなく、気づかないことがあります。

しかしながら、6センチ以上となるとたいていの場合、悪性でも良性でも手術を勧められることになります。

卵巣の問題ではなく、胃や腸に癒着して他の生活を困難にすることがあるからです。

性交時や排便時に奥をつくような痛みは耐え難く、他の病気になる前に切除する方が良いです。

手術はあまりひどくないときは、腹腔鏡で行われることもあり、身体に負担なく入院なしで、当日帰ることができることがあります。

この記事の続きを読む

次のページ>>  卵巣の腫れは大きさによって手術が必要?

 - 女性の症状