welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

卵巣が腫れると出血する?

   

卵巣が腫れると出血する?

卵巣が腫れるという症状を経験した方が現在増加傾向にあります。

腫れるだけでも一大事ですが出血という方も実は多いのです。

卵巣が腫れて出血した人は何が問題なのか?をご紹介していきます。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

卵巣が腫れると出血する?

そもそも女性は毎月卵巣が腫れているというのをご存じでしょうか。

いつ卵巣が腫れているのかというとそれは、生理の時です。

排卵をするために、通常よりもはしく排卵のために卵巣は運動をしています。

その時、ホルモンバランスなども影響しているのですが、卵巣は通常時よりも肥大化し、腫れているということが起こっています。

しかし、一般的に、生理は毎月くるものですし特に問題もありません。

しかし、卵巣が生理以外の理由で腫れているということがあります。

それは、卵巣内に腫瘍ができているという可能性です。

腫瘍のサイズは人によって様々ですが、2センチであったりもします。

腫瘍ができている場合、卵巣内に血液が溜まっている場合が多く、その影響もあり卵巣が腫れると出血するという症状が起こりやすくなります。

つまり、出血が出ていることや下腹部に痛みを感じるという人は、卵巣が腫れていたりもしくは卵巣に腫瘍ができている可能性がありますので一度婦人科に足を運びエコー検査などを受けることをお勧めします。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

卵巣が腫れていて出血はしないこともある?

一般的な私の経験では、卵巣腫れている場合は大抵出血をします。

それも卵巣出血など病名もあるほどです。

卵巣が腫れていても出血しない場合があるとすれば、体の外へ血液が排出されていないため、患者さま本人が出血をしていないと勘違いしている場合が考えられます。

卵巣出血でもあるように、卵巣から出血した場合、お腹の中で出血を起こしていることがありますので、体の外へと排出されない血液は体内で蓄積されていきます。

このような症状が続くことで体内には古い血液が残ってしまうことから別の症状を引き起こす可能性が出てきます。

そもそも卵巣が腫れているのも何かしらのトラブルが体の中で起こっている状態です。

通常の生理以外にも腫れる原因としてホルモンバランスの異常などがもありますので、どう言った原因で腫れていて、どう言った原因で出血していないのか?を触診しなどで医師は体の下腹部を少し押すことで痛みの箇所を探るような診察をしていきます。

出血をしていないからといってそのままにせず医師にきになる場合は行きましょう。

どんな出血があると卵巣の腫れを疑う?

まずは、通常の生理のときとくらべて血液量が多いときは卵巣の腫れを疑うことをお勧めします。

生理が行われているときは、最大で1000mlの血液が体外に排出されていると言われています。

ですので、今回の生理は1000ml以上の血液が排出されているなと思ったときには、少し体の異常を疑ったほうが良いでしょう。

血液量は非常に卵巣の腫れを疑う事においては、重要な体の異常を教えてくれるサインとして認識しておきましょう。

また腹部の痛みというのも卵巣の腫れを疑うことにおいては重要な体のサインとしてみておきましょう。

お腹が痛くてなおかつ出血量が多いというのは要注意ですので一度病院へ行くことをお勧めします。

腹腔内に血液が漏れ出している場合が考えられます。

また出血においては、時期というのも重要です。

生理後から生理前までの出血量が多い場合は卵巣の腫れを疑う必要があります。

生理後は通常、女性は排卵をしませんので出血する理由がありません。

セックスなどの外部的な刺激を受けた場合を除いては考えられないので心当たりのない出血は注意をしましょう。

この記事の続きを読む

次のページ>>  卵巣が出血するのはどうして?

 - 女性の症状