welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

乳がんが骨転移する確率や症状・治療法とは?

   

乳がんが骨転移する確率や症状・治療法とは?

女性がかかりやすいとされている乳癌ですが、

この癌は骨へ転移する可能性も高いとされているます。

乳癌の骨転移について、転移する確率や症状、

またどのような治療が行われるかを調べました。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

乳癌は骨転移することはあるの?

乳癌の転移について一番多いとされている場所は、骨です。

乳癌を患った人のうち約30%の人が骨に転移すると言われています。

そして乳癌細胞が血液の流れと共に骨に移って分裂したり、増殖したりするのです。

しかしこれは骨の癌という訳ではなく乳癌によるものなので、治療法も乳癌に対する治療ということで行っていきます。

また、この骨への転移は乳癌の手術を終えて何年も経過した後に起こることもあるので、注意しておかなければなりません。

そして骨の中でも転移しやすい場所は、上腕骨や肋骨、背骨や頭蓋骨などと言われています。

また、乳癌の場合に転移する場所として、肘から先の部分、膝から先の部分に関してはほとんど転移することはないとされています。

乳癌は女性がなる癌の中で1位ということもあり、また、骨にまで転移しやすいということから、骨に転移しないように対策を練ることが大切だと言えます。

骨に転移してしまうと療養生活もその分長くなってしまうので、定期的に検査を受けることで早期発見をすることが必要になってきます。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

乳癌が骨転移する確率はどれくらい?

乳癌は乳腺で癌細胞が発生しますが、この癌細胞は血液やリンパ腺にのって流れていき、その先に転移する可能性があります。

そして乳癌の転移先で多いとされているものには、肝臓や肺や脳などが挙げられますが、最も多いとされているのは骨だと言われています。

これは乳癌を発症した人のうちの約30%の人が骨まで転移するというデータまで出ています。

また、この骨への転移は乳癌を患ってからすぐに起こることもありますが、10年以上経ってから起こることもあります。

また、乳癌だけではなく骨にまで転移してしまうと、場合によっては生存率までかなり低くなってしまうので、注意しなければなりません。

乳癌から骨にまで転移する確率は約30%ということもあり、これはかなり高い数字だと言うことができます。

この骨への転移は自分の力だけではどうしようもできないということもありますが、それでも定期検診を受けたりすることでできるだけ早く発見することができ、その分治療も早く終わるということもあるので、定期検診に行くことはとても大事だと言うことができます。

乳癌が骨転移した場合はどのような治療をされるの?

乳癌が骨へ転移した場合は、その症状や進行状況などによって治療法が変わってきます。

まず、特に痛い部分もなく骨折も起こりそうにないという時は、乳癌における抗がん剤の治療やホルモン治療、抗HER2療法などを行います。

また、骨への転移が確実とされた場合は、デノスマブやゾレドロン酸による治療を行って、骨折の起こる回数を減らしたりします。

しかしこれらは副作用も伴うので、そのことも予め頭に入れておなければなりません。

そして次に、痛みがあり骨折もしそうな場合は、上記の治療の他に放射線療法などを行っていくことになります。

これを行うことで痛みを止めたり緩和したりすることができます。

そしてこれら2つの他にもカルシウムの濃度を下げるための高カルシウム血症の治療を行ったり、骨に転移することからくる痛みを抑えるために鎮痛薬を使用したり、塩化ストロンチウム注射液による治療を行ったりします。

この塩化ストロンチウム注射液も痛みをやわらげてくれるので、治療中にはとても心強いと言えます。

この記事の続きを読む

次のページ>>  乳癌が骨転移したときの症状は?

 - 女性の症状