welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

バンテリンの腰痛ベルトは効果的?

   

バンテリンの腰痛ベルトは効果的?

腰痛を防止するための商品に腰痛ベルトというものが存在します。

この腰痛ベルトで人気があるのはバンテリンから発売されているものになります。

ここではバンテリンの腰痛ベルトについてその機能について書いてみました。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

バンテリン腰痛ベルトって何?

バンテリン腰痛ベルトというのはその名の通り腰痛を予防するためのベルトになります。

腰を曲げたり伸ばしたりするときに腰痛持ちの人は腰に痛みを感じやすくなってきます。

しかし、腰痛ベルトを使ってやることにより、腰の曲げ伸ばしをする時に腰椎から骨盤のあたりを下から持ち上げるようにサポートする力が働くことになります。

これによって、腰痛が発生するのを予防するというのが、腰痛ベルトです。

中でも筋肉通などになったときのシップを販売している会社として知名度のあるバンテリンの腰痛ベルトは腰痛持ちの人達から非常に高い支持を集めている腰痛ベルトになります。

バンテリンの腰痛ベルトはスポーツなどにおいてけがをした選手が出場する場合に、けがをした部分を固定して痛みを感じさせないようにするテーピングの理論を応用して腰痛ベルトに役立てています。

スポーツの世界におけるテーピングやシップの性能で購入者の支持を集めてきたバンテリンが発売する腰痛ベルト、それがこのバンテリン腰痛ベルトです。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

バンテリン腰痛ベルトの効果はどうですか?

バンテリン腰痛ベルトの効果についてインターネット上で利用者の声などを集めてみます。

すると、やはり腰痛が発生しなくなったといった形で腰痛ベルトのそもそもの目的である腰痛予防の機能はしっかりとはたしているということが分かります。

また、このような腰痛予防については当然のこととしても、それに加えて装着した場合の着用感が非常に軽いため使っていても違和感が無い、素材がしっかりしているので長く使えそうといった声もあります。

また、バンテリン腰痛ベルトについては加圧タイプのものも販売されています。

この加圧タイプのものついては腰椎から骨盤のあたりを下から上に持ち上げるような構造になっています。

このように下から上に骨が持ち上げられることによって、そもそも歪みが生じている骨盤を矯正する効果もあります。

骨盤が矯正されることによって、そもそも腰痛が発生しづらい身体になるというのもバンテリン腰痛ベルトを使用するメリットになります。

バンテリン腰痛ベルトを使用する際に注意することは?

バンテリン腰痛ベルトを使用する場合に一番大切になってくるのはバンテリン腰痛ベルトを装着する場所になります。

つける場所を間違ってしまった場合、このバンテリン腰痛ベルトの100パーセントの効果を体感することが出来なくなってしまいます。

バンテリン腰痛ベルトを付ける場所の考え方は基本的には痛みが発生している場所に巻き付けることにします。

また、同様にバンテリン腰痛ベルトを選ぶ際に大切になってくるのはそのサイズです。

腰痛ベルトを選ぶ場合には基本的にウエストサイズを基本に選んでいくことになります。

ただ、ここで注意点があります。

というのもこのバンテリン腰痛ベルトですが、実はインターネット上の利用者の口コミなどを確認すると、実際のウエストサイズよりも小さかったという情報が散見されます。

したがって、バンテリン腰痛ベルトの場合はほかの腰痛ベルトとは違い、自分のウエストサイズよりも多少余裕を持ったサイズを選ぶことをおすすめします。

この記事の続きを読む

次のページ>>  普通の腰痛ベルトとどう違う?

 - 腰の症状