welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

ノロウイルスで嘔吐!カーペットの処理はどうすればいいの?

      2016/03/15

ノロウイルスで嘔吐!カーペットの処理はどうすればいいの?

ノロウイルスでは2次感染を防ぐのが大切です。

ではノロウイルス患者の嘔吐物の処理はどうすればよいのでしょうか。

ここではカーペットに嘔吐した場合を例に見ていきます。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

ノロウイルスで嘔吐…カーペットの処理はどうするのが適切?

胃腸風邪という嘔吐や下痢に悩まされる症状があります。

このような胃腸風邪の原因となるウイルスとして代表的なものにノロウイルスがあります。

ノロウイルスの大流行といったようなフレーズがよくメディアなどでも取り上げられるように、ノロウイルスというウイルスの感染力は非常に大きなものになります。

ノロウイルスに感染する経路としては空気中に浮遊しているノロウイルスが体内に入ってしまったことにより、症状が発生する場合とノロウイルスに汚染されている食べ物を食べてしまったという2つのケースが考えられますが、原因としては空気中に浮遊しているノロウイルスが体内に入ってしまうというケースの方が圧倒的に多くなります。

そして、このような空気中にノロウイルスが拡散する原因となっているのが、ノロウイルスに感染した患者の嘔吐物になります。

このノロウイルスの患者の嘔吐物を誤って処理することは空気中にノロウイルスの拡散を一気に進めてしまうことにつながります。

したがって、正確な処理方法を学んでおく必要があります。

ここではカーペットを例に挙げて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

ノロウイルスでカーペットに嘔吐したときは処分したほうが良いの?

ノロウイルス患者の嘔吐物がカーペットに付着した場合、そのカーペット自体も処分してしまった方がよいのでしょうか。

結論からいうと、カーペットを処分する必要はありません。

しっかりと自分で消毒したうえで、クリーニング店に出して再度消毒してもらうことにより、ほぼ確実にノロウイルスは死滅します。

そのため、カーペットを処分することまでは考える必要はありません。

自分でカーペットを消毒する場合、千葉県長生保健所が考案した方法が非常に参考になります。

この千葉県長生保健所が考案した方法ではペットシーツを用いるのがポイントになります。

嘔吐物などをしっかりと雑巾でふき取った後に、このペットシーツをカーペットのノロウイルス患者の嘔吐物が付着した部分にかぶせます。

その後、このペットシーツに熱湯を注ぎこみます。

さらにこのペットシーツの上にレジャーシートをかぶせてやります。

そして、このペットシーツが冷めたら、ペットシーツを処分して消毒完了です。

ノロウイルスでカーペットに嘔吐したときの消毒方法は?

ノロウイルスで汚染された場合、本来は消毒薬などを散布して消毒することになります。

しかし、家庭ではそのような消毒を即座に行うのはほぼ不可能です。

しかし、ノロウイルス患者の嘔吐物の処理に手間取っているとその間にも空気中にノロウイルスが拡散していく結果になります。

そのため、家庭でも可能な消毒方法により、まずはカーペットを消毒する必要があります。

ノロウイルスによる嘔吐が発生した場合に家庭でも対応可能な方法としては、アイロンを使った熱消毒を行うという方法があります。

ゴム手袋とマスクを装着して自分自身がノロウイルスの二次感染の被害にあわないように万全の状態を整えたうえでペーパータオルなどで汚物を可能な限りふき取ります。

その後、濡れタオルを嘔吐物にかぶせてやり、そのうえから家庭用スチームアイロンを2分間かけてやることによりノロウイルスはほとんど死滅することが分かっています。

まずはこのような方法でノロウイルスの消毒を行ってみましょう。

この記事の続きを読む

次のページ>>  ノロウイルスで嘔吐しないための食事は?

 - 菌・ウィルスの症状