welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

ステロイドを内服する期間で誰も教えてくれない真実とは?

      2016/02/09

ステロイドを内服する期間で誰も教えてくれない真実とは?

ステロイドを内服しなければならなくなった場合、

誰もが気になることといえば内服する期間だと思います。

ステロイドを内服する期間はどれくらいがベストなのか今回お伝えします。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

ステロイド内服薬の期間はどれくらいが最適なの?

ステロイドは炎症、免疫を抑制する働きがありアトピー性皮膚炎、気管支喘息、関節リウマチなどの患者に使用されるお薬です。

そんなステロイド内服薬の期間はどれくらいが最適かというとこれは一概に期間を提示することは出来ません。

その理由は症状や体質などにより個人差があるからです。

またステロイドは長期間使用することで副作用の不安があるので、初めは必要量を服用し、効果が出てきたら徐々に内服量を減らしていくのが一般的な処方方法です。

当然症状が回復したら出来るだけ早く処方を止めるのが体の為にはいいのですが、ステロイドを長期間服用すると体内で分泌されるステロイドが低下しいるので、急に服用を止めることでステロイド不足となり危険な状態に陥ります。

だから内服薬の量を減らして様子を見るなど非常に取り扱いが繊細な薬だと言えます。

よってステロイドの減量は使用期間が長い程慎重に行う必要があり、内服薬の期間に目安はなく医師が患者の様子を見ながら決定するモノだと思っておいて下さい。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

ステロイド内服薬を短期間で服用した場合の影響とは?

ステロイド内服薬を短期間で服用した場合の影響は、ステロイドの投与された量と体質により個人差があり必ずしも影響が出るとは言えませんが、ステロイドを内服する場合はどのような影響が出る可能性があるのかは知っておく必要があります。

短期間の服用の場合に見られる影響としては食欲の増進、喉の渇きを覚える、尿の量が増加するなどの症状が出る人が多いと言えます。

また他にも嘔吐や下痢といった症状が出たり、ステロイドの働きが免疫機能の低下なので感染症に対して特に注意を払う必要があります。

通常によりも風邪などを引きやすくなりますし、また傷が出来てしまった場合には普段より化膿しやすいといった症状が見られるのでステロイドを内服している間は自身の体調管理にはいつも以上に気をつけておく必要があります。

ただ副作用や悪影響の恐れがあってもステロイドを使用する理由はステロイドの有効率がほぼ100%と非常に高いうえに効果発現が早いからです。

その上安価な薬なので体の様子を見ながら医師の指示に従い薬を使用するようにして下さい。

ステロイド内服薬で処方された期間を守らなかった場合どうなるの?

ステロイド内服薬で処方された期間を守らなかった場合どうなるのかというと副作用のリスクが増えるということが出来ます。

ステロイド内服薬というのは非常に効果が期待できる薬である反面副作用があることでも知られている薬です。

だから医師の処方に従い決められて期間飲む必要があります。

症状が緩和したからといって勝手な判断で薬を止める事も非常に危険なのでそのような事はしないようにしましょう。

ステロイドの副作用としては、皮膚が弱くなる、毛細血管の拡張、顔がパンパンになる、体毛が濃くなる、ニキビが増える、免疫が低下し感染症にかかりやすくなるといった症状が挙げられます。

さらにステロイドを長期低に内服することで白内障、糖尿病、高血圧といった病気が発症するリスクが高くなると言えます。

そんな風に副作用がある薬なので自分勝手な判断で薬の量を変えたり、飲む期間を守らないといった事は絶対にしないで下さい。

症状が悪化した場合も改善した場合も薬については医師と相談する必要があるのです。

この記事の続きを読む

次のページ>>  ステロイドを内服中に気をつける点とは?

 - 薬剤