welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

ウイルス性の胃腸炎になる原因は?また発症する原因は?

      2016/02/19

ウイルス性の胃腸炎になる原因は?また発症する原因は?

流行すると手が付けれれないのがウイルス性胃腸炎です。

この記事ではウイルス性胃腸炎の原因について触れます。

併せて対策についても説明していきます。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

ウイルス性胃腸炎の発症原因は?

ウイルス性胃腸炎の原因となるのはその名の通りウイルスになります。

このウイルスが体内に入り込むことにより、ウイルス性胃腸炎が発症することになります。

ウイルス性胃腸炎の原因となるウイルスについて代表的なものには「ノロウイルス」、「ロタウイルス」、「アデノウイルス」といったようなものが挙げられています。

上記のうち最も有名なウイルスはノロウイルスになります。

近年はテレビなどの報道でもその名前を耳にすることも多いのではないでしょうか。

また、一般企業などでもノロウイルス感染の防止などという触れ込みのもと対策を行っているところも多くみられます。

このノロウイルスによる胃腸炎はその名の通り、カリシウイルス科という種類に属するノロウイルスというウイルスが体内に取り込まれることにより、激しい腹痛・下痢・おう吐などを伴い、同時に高熱や悪寒などといったような症状も引き起こすウイルス性胃腸炎が発生することになります。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

ウイルス性胃腸炎にかかった原因は?

ノロウイルスに感染した場合に考えられる感染経路としては生ガキなどの貝を経由して感染するというケースが考えられます。

また、ノロウイルスに一度感染者が出てしまうと非常に感染力が強いウイルスであるため、患者の吐しゃ物、便などを経由してノロウイルスがまき散らされる結果となり、患者の排泄物経由で周囲の人にも感染が広がってしまいます。

また、「ロタウイルス」や「アデノウイルス」というウイルスに関してはいずれも乳幼児が感染するものになっています。

感染経路としてはノロウイルスと同様に患者の唾液や排泄物を経由して感染することが多くなっています。

このうちロタウイルスに関しては非常に感染力が強いものとして知られており、乳幼児であれば必ず一度はかかると言われる疾患の代表例になります。

また、アドノウイルスに関してはこのようなウイルス性胃腸炎の症状と併せて、高熱や激しい喉の腫れ及び痛みといったような症状も同時に報告されています。

ウイルス性以外の胃腸炎にかかる原因は?

ウイルス性以外でも発生する胃腸炎としては「慢性胃腸炎」と「ストレス性胃腸炎」というものがあります。

慢性胃腸炎については急激に症状が発生するウイルス性の胃腸炎などとは違って症状は比較的緩やかですが、長期間にわたって胃腸に対して何らかのダメージが与えられているという状態になります。

この慢性胃腸炎に関しては原因がはっきりしない場合も多々見受けられます。

一方、ストレス性胃腸炎とはその名の通りストレスが原因となって引き起こされる胃腸炎になります。

このストレス性胃腸炎は仕事や勉強などのプレッシャーに苦しんでいることなどが原因となって発症する胃腸炎になります。

胃や腸は精神的なダメージが一番影響を与えやすい臓器であるとして知られています。

ハイストレスな生活を長年にわたって続けていると胃潰瘍になったり、ストレスがかかる場面になると下痢を起こしたりするというのはよく知られている現象になります。

ストレス性胃腸炎もこのような疾患の一つになります。

この記事の続きを読む

次のページ>>  ウイルス性の病気の原因

 - 菌・ウィルスの症状